Blog

ブログ記事

シンガポール入国について(長期滞在ビザ保持のケース)

2020年11月16日

シンガポール入国について(長期滞在ビザ保持のケース)

昨日早朝に約3ヶ月ぶりにシンガポールに戻りました。
当初は1ヶ月半日本、2週間のシンガポールでのホテル隔離を経て2ヶ月で家に帰るつもりにしていましたが、MOMの許可がおりず、3回目の申請で漸くシンガポールに戻ることができました。
私の場合は、シンガポールでの就労ビザがありますので、その条件の下にシンガポール入国について同じようなケースの方が入国への不安解消のためにも共有事項として記録を残しておこうと思います。

因みに写真は関空ーチャンギ便の様子です。
エコノミークラスでしたが、10名ほどの乗客だったでしょうか。

1)入国申請

既にシンガポール滞在の皆さんはご存知かと思いますが、下記ののMOMの申請フォームから申請を行います。
今は一部緩和されて、シンガポールで一人で滞在されている方又は同居のご家族が一緒に日本に行っている場合には、ホテルでの隔離ではなくご自宅でのSHNになるようです。
申請書の後半部分でホテルか自宅かの選択ができるようになっています。

https://form.gov.sg/5fa3ba7f7831070011058105

2)MOMからの回答

承認された場合と却下された場合の回答についてご参考までに添付します。
10/11入国にて最初の申請を出しましたが、却下、その後、11/10入国にて2回目の申請を出し、こちらも却下、却下の理由はいずれも下記のメールの通りでした。
11/14入国申請で漸く承認がおりました。
2回目の申請はメールに記載がある通り3週間以上の期間を開けた方が良いと考え、11/10としましたが、3回目はその後のスケジュールもあったので11/14にて申請をしてみました。
私の場合は、11/14に申請を出していたので、11/13-15の期間に入国するようにと記載がされていました。
厳密には11/14の深夜便で11/15早朝に到着するので、11/15と申請すべきだったかと思います。

3)シンガポール移動日


シンガポール移動日当日は、MOMから来ているメールのコピーのプリントアウトをお勧めします。
日本でもチェックイン、シンガポールでの入国の際にイミグレーションで確認を求められます。
私は移動日当日に印刷しようとしましたが、インク切れで印刷できず、携帯の画面を見せて対応しました。

また、電子検疫申告が必要になります。(入国の3日前から申告可能)
https://icaeservices.ica.gov.sg/sgarrivalcard/
普段、シンガポール滞在者は入国カードを記載する必要がありませんがこの申請は必要です。

4)シンガポール入国時

チャンギ空港到着後は、自動ゲートは閉鎖されているので係員のいるゲートでの手続きになります。
パスポート、MOMから来ているメールのコピー(私は携帯の画面)を提出します。
イミグレーション通過後は、普段通り預け荷物を取って税関申告の後に、外にでますが、SHN対象者はゲート通りに進み、係員の指示にパスポートを提出してホテル別に準備された丸いシールを渡され、衣類の胸の位置に貼り付け、係員の指示従いバスに乗り込みます。
私のフライトはチャンギに朝の5時前に到着しましたが、バスに乗り込んだのは6時頃で出発まで約1時間ほど他の乗客を待ち、7時半にはホテルにチェックインしました。

5)ホテルチェックインと滞在中のケアについて

ホテル到着後にロビーでホテル担当者から説明があり、プリントアウトされた書類が配布されますが、滞在中のサービスは概ね以下の通りです。

*ホテル滞在中の注意点
ホテルの部屋からは基本的に出ることはできません。
ホテルの公共施設の使用もできません。
ホテルに家族や友人などを招待することはできません。
喫煙はできません(ただし喫煙室は可能のようです)
体調管理と手洗いなどの徹底

*WIFIの無償提供

*食事のサービス
ハラル、ベジタリアン、インターナショナルからチェックインの際に選択可能、他にもアレルギー対応や糖尿病などに対応した食事に提供を行っています。
朝食は7時半から9時半、昼食は12時から2時、夕食は6時から8時に配布されます。(ドアの外に置いてる台に置かれます。その際はチャイムを鳴らしてくれます。)

*部屋の掃除など
部屋の掃除はありませんがアメニティは滞在7日以降に追加が可能ですが、別途料金が発生するようです。ハンドソープ、コンディショニングシャンプー、ボディーソープは大きなボトルなので追加が不要な気がしています。部屋のゴミは外に出しておけば毎日回収してくれます。

*ランドリー
1日4枚のランドリーを@1.5ドルでしてくれます。85度の温度で洗濯のみなので繊細なものは控えた方が良いでしょう。私は手洗派なので、移動日に着用していた長袖、長ズボンのみお願いしました。

*リネン交換
タオルは3日に一度交換してくれます。(私のホテルはバスタオル2枚のみでした。)
ベッドシーツや枕カバーは1週間に一度交換をしてくれます。
いずれも使用したものはドアの外に出しておく必要があります。

*外部からのデリバリー
食事や食事以外もデリバリーは可能です。
外部からのデリバリーはホテルロビーで受付を行い、ホテルの方が部屋まで運んでくれる事になっているので、家族がご友人が持って来られても会うことはできません。
食事以外のもは午後3時から6時までに部屋に運んでくれるそうです。
因みに私は昨晩ミネラルウォーターをオンラインで買いましたが、予定通り今朝、部屋まで運んでくれました。

*緊急ではない医療サポート
”Doctor World”、Doctor Anywhere”などのアプリをダウンロードして遠隔で診療をしてくれるそうです。
或いは必要があればホテルのコンシェルジュに確認も確認ができるようです。(救急車など緊急性のある場合は、ホテルのコンシェルジュに電話)


*チェックアウト
ホテルの方から事前に連絡があるので、勝手に部屋から出ることはできません。

*PCR検査
書面では配布されていませんが、事前に連絡があり、指定の検査期間にタクシーで移動するように説明がありました。

*ホテルなどの費用
入国申請した際に登録したEMAILアドレスに支払いの連絡が来ます。
オンライン上でクレジットカードまたはPAYNOW方法を選ぶことが可能です。
2200ドルと聞いていましたが実際には2186ドル(186ドルは検査費用)でした。

MOMからの入国に関する回答に関しては、以下をご参照ください。

菱沼 一郎

Contact

様々な貿易に関するご相談にお応えします。
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。